フリーランスのアンテナ




明代 青花花卉文壷
大きさ:高さ8センチ 
明代(AD1368~1644)

中国景徳鎮で焼かれた民窯の壺
白い透明釉薬の下にコバルト成分を含む呉須(ごす)で文様を
描いたものを青花といい、日本では染付といわれる。

元代から続く唐草文様を引き継いている。
特に呉須の中に黒い成分が混じり黒色を呈しているのは明代初期の
青花の特徴ともいえる。

中国古美術・天宝堂

流行 青花花卉文壷 明代-工芸品・民芸品